心理学科

学びのステップ

学びのステップ

STEP1 早期からの専門教育

1年次 ・ 心理学全体を学ぶ「概論」と、分析研究に不可欠な「統計法の基礎」を身につけます。
・ 数多い専門科目から、自分が関心を持ったジャンルを選び、学ぶことができます。
2年次 ・ 英語の文献に親しみ、心理学の研究方法を身につけます。
・ 基礎理論を学習し、スキルを鍛えながら、自分の関心を絞り込みます。
・ 個人の研究テーマを決定します。

教授陣は最後まで個別にきめ細かな指導を提供します。

STEP2 3年次から始まる徹底的な少人数教育

3年次 ・自分で選んだテーマに応じた演習(ゼミ)を選択します。
・ゼミは少人数制、専門分野に特化した内容が中心となります。
「教えられる」から「自分で学ぶ」環境へ。学生同士、教授との意見交換も活発になります。
4年次 ゼミでの成果をもとに、卒業論文の作成をおこないます。

教授陣は最後まで個別にきめ細かな指導を提供します。

STEP3 卒業後の進路

一般企業
公務員
大学院進学
・ 一般企業では企画・広報・商品開発から人事まで。公務員では心理職での活躍が期待されます。
・ 臨床心理士や研究者を目指し、大学院への進学も考えられます。
研究者として将来性を認められた学生は、大学院(心理学専攻、臨床心理学専攻)への内部推薦を受けることもできます。

4年間の成果は、社会の様々な分野で活かされます。

トップ > 心理学科 > 学びのステップ

↑