映像身体学科

学びのステップ

学びのステップ

STEP1 映像と身体に詳しくなる

1・2年次 ・ 映像と身体それぞれについて哲学や社会学、生命システム論などの成果を取り入れながら学んでいきます。
・ 「映像と身体」を、人間をとりまく環境のなかで位置づける作業をおこないます。
・ 「映像制作」「ダンス」「演劇」の実習から、映像と身体の関係を具体化してゆきます。

映像と身体それぞれを同時に学ぶ大切さを知り、個々と関連を理解します。

STEP2 斬新なカリキュラムを学習

2・3・4年次 ・ 映像と身体の関係を追究する、本格的な講義、演習がスタートします。
・ プロとして活躍する講師陣によるワークショップから、表現技法を学びます。
・ 4年間の学習の成果を卒業論文または卒業制作としてまとめます。

教授陣は最後まで個別にきめ細かな指導を提供します。

STEP3 卒業後のイメージ

一般企業
表現者
アーティスト
大学院進学
・ 映像と身体にかかわる理論および技法を総合的に身につけ、創造的な表現力、企画力、発言力をもった人材を送り出します。
・ たとえば広告、情報、映像コンテンツに関するクリエイティブ産業、自治体などにおける文化活動のプランナー、健康産業などを想定しています。
・ 表現者・アーティストとして、しっかりした基礎は必ず役立つものと考えます。

トップ > 映像身体学科 > 学びのステップ

↑