大学院

臨床心理学専攻

概要

臨床心理学専攻は、臨床心理士の受験資格が得られる第一種指定大学院です。認知・学習・発達などの臨床心理学の基礎領域から、臨床心理学の研究法、そして心理療法の理論と応用実践まで、研究と臨床実践の両面の力を養います。
人間を、行動、認知、情動など多様な角度から深く理解し、創造的な臨床心理学研究を生み出す研究者、柔軟に幅広く社会に貢献できる援助者としての臨床家を育てます。

臨床心理学専攻では、コミュニティ心理学、精神分析学、健康心理学、精神医学、人間性心理学など多様な理論、また、コミュニティ・アプローチ、精神分析的心理療法、人間中心療法、認知行動療法などの多様なアプローチを学ぶことができます。様々な理論やアプローチの垣根を越えて学習できる研究会や事例検討会の場もあります。

知的学習に加えて、病院や教育相談所での実習、メンタルフレンドなどのボランティア体験などのそれぞれの関心にあう場での体験学習の機会も得られます。

トップ > 大学院 > 臨床心理学専攻 > 概要

↑