お知らせ

お知らせ

情報更新日:2016.10.19

映像身体学科4年生が18th DigiCon6 AsiaでJapan Dizzy Awardを受賞

 映像身体学科4年の今井美月さん(加藤千恵教授ゼミ生)が、
18th DigiCon6 ASIA(TBS主催)におきまして、
Japan Dizzy Award を受賞しました。

受賞作品: 「発明家ドンちゃん」(アニメーション作品)


<18th DigiCon6 ASIAとは・・・>

アジアの11の国と地域から、優れたコンテンツクリエイターを発掘することを目的として、株式会社 東京放送ホールディングスが主催する映像フェスティバル。
事前に日本、中国・台湾、インド、香港、韓国、マレーシア、シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナムのそれぞれの国と地域でDigiCon6 Regional Awardsが開催され、そこで選ばれたクリエイターたちが一堂に東京に集まり、DigiCon6ASIAのステージで競い合います。
現在の若手クリエイターに作品のクォリティーや魅力をアピールする場を提供し、受賞者や才能を感じさせるクリエイターには新規ビジネスや活動、海外コンテスト応募などに向けた可能性を探る支援を行っています。

お知らせのトップページへ戻る

前後のお知らせ

トップ > お知らせ > 2016年 > 映像身体学科4年生が18th DigiCon6 AsiaでJapan Dizzy Awardを受賞

↑