2013年度 立教大学映像身体学科3年度生 成果作品 ぐるっと関東・野菜めぐり

<野菜栽培>の現場から見た学生たちの発見!

佐藤一彦(立教大学映像身体学科 教授)

立教大学映像身体学科・3年生(2013年度・佐藤一彦「専門演習」クラス)の実習課題として、関東地方一都六県で行われている<野菜栽培>をテーマに、ハイビジョン映像でのシリーズ作品を制作しました。

実は今回のテーマを「関東での野菜栽培」にしぼるまでには多くの議論を重ねました。東京での都会生活を離れた場所から日本を眺めてみたい、という大きな方向から浮かび上がってきたのが「食」という視点でした。TPP問題がマスコミで浮上するにつれ、日本の食に大きな問題点があることに気づいたからです。主食の米がTPPの難題のひとつであるだけでなく、食糧自給率の低下という深刻な問題があることも学生たちの頭をよぎりました。その中で、私たち日本人の食生活の最も近いところにある「野菜栽培」に目が止まったのです。

三人で一つの班を組み、10班で10篇の作品を作り上げました。撮影は2013年の夏休みにおこないました。 朝早い農作業の実際を写すために、前の晩から現地へ出向き、撮影の準備をしたり、出荷のようすを収めるために、農協の集荷場へ通うことも少なくありませんでした。なにより学生たちの心をとらえたのは、農家の方々の野菜栽培にかける、あふれるような情熱だったと思います。収穫した野菜のおいしい食べ方や、昔から伝わるお月見など、野菜を使った行事や農耕儀礼も教えて頂きました。 都会生活に隣接する地域での野菜生産のバリエーションの豊かさと、それが支える食の伝統文化の広がりは、学生たちの現代日本に対する意識を大きく刺激したと思います。ぜひともご高覧を頂ければ幸いです。

第1集 「ネギ」

第1集 「ネギ」

200年の歴史を持つ純白の女王(埼玉県越谷市)

(制作:野村 稔、潟中直斗、戸木雄大)

第2集 「ナス」

第2集 「ナス」

伝統の味とこころを育てる(茨城県古河市)

(制作:出口詩織、松井莉里奈、松竹奈央)

第3集 「サトイモ」

第3集 「サトイモ」

水源に恵まれた転作地帯(神奈川県平塚市)

(制作:水野恵美、塚田百香、成田友衣子)

第4集 「エダマメ」

第4集 「エダマメ」

埼玉によみがえる伝統の在来枝豆(埼玉県行田市)

(制作:北條沙彩、小名木春佳、鈴木隆司)

第5集 「ピーマン」

第5集 「ピーマン」

砂地に育つ栄養の宝庫(茨城県神栖市)

(制作:高塩航一、秋山きらら、尾形惠里)

第6集 「トマト」

第6集 「トマト」

笑顔が生んだ鮮やかな果実(神奈川県藤沢市)

(制作:後藤優果、後藤沙弥、中島寛人)

第7集 「トウモロコシ」

第7集 「トウモロコシ」

人の心に根をおろす(東京都あきる野市)

(制作:酒見奈那子、新富洋子、柳沢凌介)

第8集 「ユウガオ」

第8集 「ユウガオ」

伝統を受け継ぐユウガな脇役(栃木県上三川町)

(制作:岩上早織、阿部森恵、倉田かおる)

第9集  「ナシ」

第9集 「ナシ」

200年の歴史を持つ純白の女王(埼玉県越谷市)

(制作:渡辺 冴、倉知祥子、嶋田康行)

第10集 「スイカ」

第10集 「スイカ」

家族で育てるまぁるい幸せ(神奈川県三浦市)

(制作:中尾琴美、上村理恵、近藤優太郎)

ページTOPに戻る