教員/研究施設

教員紹介

川越 敏和

現代心理学部 心理学科
助教

川越 敏和

メッセージ

心理学は行動を通して「こころ」を研究します。中でも基礎的な心理学は、全般的な人間心理に焦点をあて、応用研究の礎となる根本的心理を探求します。ここでは「こころ」に関連する様々な事象が研究対象になりえます。例えば、皆さんは講義中やバイト中に、今やっていることとは無関係な事柄についてぼーっと考えたことがあると思います。これはマインドワンダリングと呼ばれ、近年私が注目している心理現象です。ほかにも、記憶や知覚、発達、感情など、面白い研究がホントにたくさんあります。ぜひ一度、学んでみましょう。「こころ」って、知らないことや分かってないことだらけですよ。

専門分野

実験心理学、認知神経科学

主要な研究テーマ

マインドワンダリング、モチベーション、エイジング、実行機能 など

担当科目

心理学実験実習、心理学文献講読、心理学概論、心理学研究法 など

経歴

2011年3月 熊本大学文学部総合人間学科 卒業
2013年3月 熊本大学大学院社会文化科学研究科博士前期課程 修了
2014年4月 日本学術振興会特別研究員
2014年4月 京都大学こころの未来研究センター公募型連携プロジェクト共同研究員
2016年3月 熊本大学大学院社会文化科学研究科博士後期課程 修了
2016年4月 島根大学医学部内科学講座(内科学第三) 研究員
2016年4月 熊本大学文学部総合人間学科 非常勤講師
2018年4月 立教大学現代心理学部心理学科 助教

主な著作

論文
  • Kawagoe T, Onoda K, Yamaguchi S. Different pre-scanning instructions induce distinct psychological and resting brain states during functional magnetic resonance imaging. European Journal of Neuroscience, 47(1), 77-82, (2018).
  • Kawagoe, T., Matsushita, M., Hashimoto, M., Ikeda, M., Sekiyama, K. Face-specific memory deficits and changes in eye scanning patterns among patients with amnestic mild cognitive impairment. Scientific Reports, 7, 14344, (2017).
  • Kawagoe, T., Onoda, K., & Yamaguchi, S. Apathy and Executive Function in Healthy Elderly—Resting State fMRI Study. Frontiers in Aging Neuroscience, 9, 124, (2017).
  • Kawagoe, T., Onoda, K., & Yamaguchi, S. Associations among executive function, cardiorespiratory fitness, and brain network properties in older adults. Scientific Reports, 7, 40107, (2017).
  • Onoda, K., Kawagoe, T., Zheng, H., & Yamaguchi, S. Theta band transcranial alternating current stimulations modulates network behavior of dorsal anterior cingulate cortex. Scientific Reports, 7, 3607, (2017).
  • 川越敏和. 「高齢者における認知・運動能力と脳内ネットワーク」基礎心理学研究, 36(1), 148-154, (2017).
  • 和田玲子・久永聡子・郭霞・木村博子・鈴木麻希・川越敏和・積山薫. 「楽器演奏介入が高齢者の認知機能に与える効果について」広島文化学園大学学芸学部紀要, 7, 51-60, (2017).
  • 小野田慶一・川越敏和・山口修平.「DSM-5からみた社会的認知の領域」神経内科85・2, 215-20, (2016).
  • Kawagoe, T., Suzuki, M., Nishiguchi, S., Abe, N., Otsuka, Y., Nakai, R., … Sekiyama, K. Brain activation during visual working memory correlates with behavioral mobility performance in older adults. Frontiers in Aging Neuroscience, 7, 186, (2015).
  • Nishiguchi, S., Yamada, M., Tanigawa, T., Sekiyama, K., Kawagoe, T., Suzuki, M., Yoshikawa, S., Abe, N., Otsuka, Y., Nakai, R., Aoyama, T., Tsuboyama, T. A 12-Week Physical and Cognitive Exercise Program Can Improve Cognitive Function and Neural Efficiency in Community-Dwelling Older Adults: A Randomized Controlled Trial. Journal of American Geriatrics Society, 63(7), 1355-1363, (2015).
  • Kawagoe, T., Sekiyama, K. Visually encoded working memory is closely associated with mobility in older adults. Experimental Brain Research, 232(6), 2035-43, (2014).

トップ > 教員/研究施設 > 教員紹介 > 川越 敏和

↑