教員/研究施設

教員紹介

中山 真里子

現代心理学部 心理学科
現代心理学研究科 心理学専攻
特任准教授

中山 真里子

メッセージ

心理学における、重要な知見や最新の情報はほとんどの場合英語で発表されます。そう考えると、心理学研究領域の公用語は英語であるといっても過言ではありません。英語論文を読みこなせるスキルを身に付ければ、いつでも自由にそうした情報に接することができますし、自身の研究成果を英語で発信することができれば、世界中の人がその成果を知ることができるでしょう。「英語論文」に苦手意識を持つ人もいるかもしれませんが、実は学術の場で使われる英語は複雑なものではありません。英語の論文を効果的に読む練習や、学術的な内容を書いたり話したりする練習を通して、自信やスキルを身に付けつつ、グローバルな心理学の世界を一緒に楽しみながら探索しましょう。

専門分野

言語心理学・認知心理学

主要な研究テーマ

言葉(単語)がどのように読まれるのか、その脳内の仕組みを研究することに興味があります。特に、バイリンガル、その中でも日本語を母語としながら、第二言語として英語を学んだ人が、表記や音が大きく異なる二言語をどのように処理しているのか、また英語力によってその処理のされ方がどう変化するのかということを実験的手法を用いて研究しています。視覚的単語認識(書き言葉の処理)を中心に研究を行っていますが、最近は発話の仕組みの研究も行っています。また、日英バイリンガルを対象とした研究では、英語と日本語という個別の言語の処理の理解も重要ですから、英語話者、日本語話者を対象とした実験研究も行っています。

担当科目

英語文献講読演習(初級・中級・上級)、英語表現演習(初級・中級・上級)、英語ディベート(発展) など

経歴

1997年 神田外語大学外国語学部英米語学科 卒業 (地域文化 学士)
2003年 カルガリー大学心理学部 卒業 (B.A. hours)
2006年 カルガリー大学大学院心理学修士課程 修了(MSc, Cognition and Cognitive Development)
2007年-2011年 日本学術振興会特別研究員DC1 受入研究機関:早稲田大学
2011年-2013年 早稲田大学文学学術院助手
2013年 早稲田大学文学研究科心理学コース博士後期課程修了 (博士・文学)
2013年-2016年 日本学術振興会RPD 受入研究機関:早稲田大学
2016年 立教大学現代心理学部心理学科 特任准教授

主な著作

論文
  • Nakayama, M., Lupker, S. J., & Itaguchi, Y. (in press). An examination of significant L2-L1 translation priming in the lexical decision task: Insights from distributional and frequency-based analyses. Bilingualism: Language and Cognition.
  • Yoshihara, M., Nakayama, M., Verdonschot, R. G., & Hino, Y. (in press). The phonological unit of Japanese Kanji compounds: A masked priming investigation. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance.
  • Perea, M., Nakayama, M., & Lupker, S. J. (in press). Alternating-script priming in Japanese: Are Katakana and Hiragana characters Interchangeable? Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory, and Cognition.
  • Nakayama, M., Ida, K., & Lupker, S. J. (2016). Cross-script L2-L1 noncognate translation priming in lexical decision depends on L2 proficiency: Evidence from Japanese-English bilinguals. Bilingualism: Language and Cognition, 19, 1001-1022.
  • Nakayama, M., Kinoshita, S., & Verdonschot, R. G. (2016). The emergence of a phoneme-sized unit in L2 speech production:Evidence from Japanese–English bilinguals. Frontiers in Psychology. 7:175. doi: 10.3389/fpsyg.2016.00175
  • Lupker, S. J., Nakayama, M., & Perea, M. (2015). Is there phonologically based priming in the same-different task? Evidence from Japanese-English bilinguals. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 41, 1281-1299.
  • Lupker, S. J., Perea, M., & Nakayama, M. (2015). Noncognate translation priming effects in the same-different task: Evidence for the impact of “higher-level” information. Language, Cognition, and Neuroscience, 30, 781-795.
  • Ida, K., Nakayama, M., & Lupker, S. J. (2015). The functional phonological unit of Japanese-English bilinguals is language dependent: Evidence from masked onset and Mora priming effects. Japanese Psychological Research, 57, 38-49.
  • Ando, E., Jared, D., Nakayama, M., & Hino, Y. (2014). Cross-script phonological priming with Japanese Kanji primes and English targets. Journal of Cognitive Psychology, 26, 853-870.
  • Nakayama, M., Sears, C. R., Hino, Y., & Lupker, S. J. (2014). Do masked orthographic neighbor primes facilitate or inhibit processing of Kanji compound words? Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 40, 813-840.
  • Nakayama, M., Sears, C. R., Verdonschot, R. G., & Lupker, S. J. (2014). The masked cognate translation priming effect for different-script bilinguals is modulated by the phonological similarity of cognate words: Further support for the phonological account. Journal of Cognitive Psychology, 26, 714-724.
  • Nakayama, M., Sears, C. R., Hino, Y., & Lupker, S. J. (2013). Masked translation priming with Japanese-English bilinguals: Interactions between cognate status, target frequency, and L2 proficiency. Journal of Cognitive Psychology, 25, 949-981.
  • Verdonschot, R. G., Nakayama, M., Zhang, Q., Tamaoka, K., & Schiller, N. O. (2013). The proximate phonological unit of Chinese-English bilinguals: Proficiency matters. PLoSONE, 8(4), 1-5.
  • 楠瀬悠・中山真里子・日野泰志.(2013). 漢字熟語におけるマスク下の同音語プライミング効果. 認知心理学研究, 11, 11-19.
  • Nakayama, M., Sears, C. R., Hino, Y., & Lupker, S. J. (2012). Cross-script phonological priming for Japanese-English bilinguals: Evidence for shared phonological representations. Language and Cognitive Processes, 27, 1563-1583.
  • 日野泰志・楠瀬悠・中山真里子.(2011). 漢字熟語の音韻符号化. 早稲田大学大学院文学研究科紀要, 56, 19-31.
  • 日野泰志・中山真里子・宮村しのぶ・楠瀬悠.(2011). 語彙判断課題における形態・音韻隣接語数効果. 心理学研究, 81, 569-576.
  • Nakayama, M., Sears, C. R., & Lupker, S. J. (2011). Lexical competition in a non-Roman, syllabic script: an inhibitory neighbour priming effect in Japanese Katakana. Language and Cognitive Processes, 26, 1136-1160.
  • 日野泰志・楠瀬悠・中山真里子.(2010). カタカナ語の読みにおける形態-音韻間交互作用. 早稲田大学大学院文学研究科紀要, 55, 5-16.
  • Nakayama, M., Sears, C. R., & Lupker, S. J. (2009). Testing for Lexical Competition During Reading: Fast Priming With Orthographic Neighbors. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 34, 477-492.
  • Nakayama, M., Sears, C. R., & Lupker, S. J. (2007). Masked Priming with Orthographic Neighbors: A Test of the Lexical Competition Assumption. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 32, 1236-1260.
  • Nakayama, M ., & Archibald, J. (2005). Eye-tracking and inter-lingual homographs. Proceedings of the Canadian Linguistic Association Annual Conference, 1-14. http://westernlinguistics.ca/Publications/CLA-ACL/CLA-ACL2005.htm

トップ > 教員/研究施設 > 教員紹介 > 中山 真里子

↑