教員/研究施設

教員紹介

小口 孝司

現代心理学部 心理学科
現代心理学研究科 心理学専攻
教授

小口 孝司

メッセージ

人と人とがどのように関わるのかを考える「社会心理学」をベースにして、どうしたら生き生きと働くことができるのかを考察する「産業・組織心理学」、観光での人と人との関わり方を明らかにする「観光心理学」などについて研究しています。最初はちょっと難しいかもしれませんが、一緒に研究を楽しんでいきましょう。

専門分野

社会心理学、産業組織心理学、観光心理学

主要な研究テーマ

社会心理学、産業・組織心理学、観光心理学の領域。多様な方法論を用いて、当該領域での基礎的研究を積み重ねることを目標とする。同時に、公共団体や企業との連携を図りながら、現実課題を解決するために、基礎研究に基づく応用的研究をも志向する。社会・産業・組織心理学を、現実場面、特に対人サービスに応用した新たな理論化を目指す。

担当科目

社会心理学、社会心理学特殊研究、心理学概説2 など

経歴

東京大学大学院社会学研究科社会心理学専攻博士課程修了 博士(社会学)
立教大学(社会学部)、日本労働研究機構、昭和女子大学、千葉大学を経て

2009年4月 立教大学現代心理学部心理学科教授(~現在)
2015年 ジェームス・クック大学  客員教授
2015年 パデュー大学  客員研究員

最近の業績

主な著書
  • (2014). 影響力の武器(第3版) 誠信書房(分担訳)
  • (2013). よくわかる社会心理学 ナツメ社(監修)
  • (2009). 仕事のスキル 北大路書房(共編著)
  • (2008). 社会心理学の基礎と応用 放送大学教育振興会(共編著)
  • (2006). 観光の社会心理学 北大路書房(編著)
査読論文
  • (2015). Giving confectionary souvenirs and taking pictures makes tourists happy. Proceedings of the 5th Advances in hospitality & tourism marketing and management (AHTMM) conference, 530-532. 【Best Paper Award】
  • (2015). Effects of short-stay vacation on the mental health of Japanese employees. 21th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings. (10 pages). 【Best Paper Award】
  • (2015). Effects of International Service on Customer Satisfaction and Loyalty Behavior at Japanese Resorts. Proceedings of the International Coastal and Marine Tourism Congress. (3pages).
  • (2015). 余暇における他者との交流が主観的幸福感および抑うつに及ぼす影響 ストレス科学研究, 30, 69-76.
  • (2015). メンタルヘルスツーリズム導入の意義と効果 観光研究, 27, 8-12. (査読なし)
  • (2015). Effects of short-stay vacation on the mental health of Japanese employees.20th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings. (10 pages)
  • (2015). メンタルヘルス・ツーリズムとしての短期旅行が従業員の精神的健康に及ぼす影響 日本国際観光学会論文集, 22, 179 - 185.
  • (2014). Chinese Immigrants’ Psychological Well-Being and Homeland Visit, Tourism Analysis, 19(2), 227-232.
  • (2014). 反芻・省察を変動させる対人ストレスイベントの種類 パーソナリティ研究, 23, 101 - 104.
  • (2014). The effect of the edutainment theme parks, “KidZania,” on career consciousness. 20th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings. (10 pages).
  • (2014). 組織管理者が若年従業員の組織市民行動に及ぼす影響: 奉仕型リーダーシップの促進的効果と信頼性の媒介効果 産業・組織心理学研究, 28, 3-13.
  • (2014). 日本およびマカオ在住移民の母国訪問が精神的健康に及ぼす影響の比較検討 日本国際観光学会論文集, 21, 27-33.
  • (2014). 神経症傾向が職務満足感と組織市民行動に及ぼすネガティブな影響を軽減するセルフ・モニタリング パーソナリティ研究, 22, 262-272.
  • (2013). Effectiveness of an edutainment theme park in “KidZania” improves children’s career consciousness. 19th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings. (10 pages)
  • (2013). The effects of visiting homelands on immigrants’ psychological well-being. 19th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings. (9 pages)
  • (2013). Effects of vacation preference and images of similar scenery on stress recovery. Proceedings of TOSOK International Tourism Conference. (10 pages)
  • (2013). 日本語版TALE尺度の作成および信頼性と妥当性の検討 心理学研究
  • (2012). Group tour influences tourists’ satisfaction. 2nd Advances in Hospitality and Tourism Marketing & Management Conference Proceedings.(in CD-ROM, 6 pages.)
  • (2012). Giving confectionary souvenirs makes tourists happy. 18th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings, 584.
  • (2011). Effects of specific activities and achievement motivation of tourists on stress reduction. Blurring the Boundaries. (17th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings), 130-137.【Best Paper Award】
  • (2011). Effects of an excursion on mental health. 2011 TOSOK International Tourism Conference Proceedings, (10 pages)
  • (2009). Effects of self-efficacy and priming of strategies on task perform. Progress in Asian Social Psychology Series Vol. 7 (Global issues and challenges in a changing world - Psychological, cultural and group relationships -),491-504.
  • (2009). How do consumers perceive the reliability of online shops?.Cyberpsychology:Journal of Psychosocial Research on Cyberspace ,3(2), article 6.
  • (2009). Fade out phenomena of summer vacation on mental health. Emerging Tourism & Hospitality Trends (15th Asia Pacific Tourism Association Annual Conference Proceedings), 258-261.
  • (2008). Eメールの交換過程における感情表現の出現パターン:テキスト・マイニングを用いた分析 社会心理学研究, 24(2), 131-139.
  • (2008). Important attributes of lodgings to gain repeat business: A comparison between individual travels and group travels.International Journal of Hospitality Management, 27(2), 268-275.
  • (2008). Features of hotel information in promotion of reservation through Internet: What kinds of hotels are popular in Shinjuku? Asia Pacific Journal of Tourism Research, 13(1), 33-40.

学会活動

The Journal of Travel & Tourism Marketing (Editor)
International Journal of Tourism Sciences (Editor)
Asian Association of Social Psychology (Consulting Editor)
日本心理学会、日本社会心理学会、日本国際観光学会、Asia Pacific Tourism Association, ,
日本グループ・ダイナミックス学会(理事・編集委員)、産業・組織心理学会(編集委員)、
日本観光研究学会(常務理事・編集委員長)などを歴任

トップ > 教員/研究施設 > 教員紹介 > 小口 孝司

↑