教員/研究施設

教員紹介

大石 幸二

現代心理学部 心理学科
現代心理学研究科 心理学専攻
教授

大石 幸二

メッセージ

2007年に「学校教育法」が改正され、すべての学校で“特別支援教育”に取り組んでいます。現在、国連の「障害者の権利に関する条約」の批准に向けて、わが国では2013年に「障害者差別解消法」が制定され、共生社会の実現へとその歩みを進めつつあります。社会的問題の解決のために具体的な貢献をしようとする応用行動分析の技術を用いて、相互に人格と個性を尊重し合える社会の実現を達成していきたいと思います。

教育分野

応用行動分析、障害児者心理学

専門分野

行動コンサルテーション、現場研修

主要な研究テーマ

・リアルタイム・モニタリングによる授業実践の質的向上(科学研究費助成)
・学公連携による発達障害児の社会的自立の支援(日本科学協会助成)

担当科目

・応用行動分析、障害児者心理学特論

経歴

最終学歴
1996年 筑波大学大学院心身障害学研究科博士課程 単位取得満期退学
主な職歴
1996年 筑波大学心身障害学系 文部技官
1999年 明星大学人文学部心理・教育学科 専任講師
2006年 立教大学現代心理学部心理学科 助教授
2009年 同 教授
免許・資格
1991年 教員免許状(幼稚園・小学校・中学校[国語]・養護学校)取得
1999年 臨床心理士資格取得
2003年 臨床発達心理士資格取得

主な所属学会

  • 日本行動分析学会(1996‐1997 庶務幹事,2006‐現在 編集委員,2006‐現在 倫理委員)
  • 日本特殊教育学会(1997‐1999 編集幹事,2006‐2013 編集委員)
  • 日本人間関係学会(2012‐現在 研究・企画委員会副委員長,2013‐現在「人間関係士」資格認定審査員
  • 日本コミュニティ心理学会(2009-2012 常任理事,2009-2012, 2015 編集委員長)
  • 日本学校ソーシャルワーク学会(2006‐2009 理事,2011‐現在 編集委員)
  • 日本臨床発達心理士会認定運営機構(2008‐2011 資格認定委員,2008‐現在 実践研究誌編集委員)
  • The Association for Persons with Severe Handicaps(終身会員)
  • 埼玉県臨床心理士会(2011‐2013 役員・学校臨床心理担当理事)
  • 日本発達障害学会(2015-現在 常任編集委員)

主な著作(*専門分野がわかる最新の著書)

  • 渡辺杏里・大石幸二・林安紀子(2016).聴覚障害学生の心身の健康に及ぼすソーシャル・サポートの影響―高等教育機関における修学支援状況との関連― 東京学芸大学教育実践研究支援センター紀要,12,119-126.
  • 渡邉孝継・須藤邦彦・大石幸二(2015).広汎性発達障害児における聞き手の視覚と聴覚における情報処理の可能性に応じたモダリティの選択―視覚・聴覚・触覚の3種類の伝達手段を通して― 臨床発達心理実践研究,10,59-67.
  • 大石幸二(2015).自閉症児の表情認知の研究―顔図形と顔写真に対する反応の分析―.人間関係学研究,19,37-43.
  • 大石幸二・赤塚正一(2015).わが国における障害のある子どもの就学期の移行支援―継続的な相談・支援の基盤を整備するための課題―.人間関係学研究,19,55-67.
  • Nishiyama,K.,Oishi,K.,&Saito,A.(2015).Passersby attracted by infants and mothers' acceptance of their approaches: A proximate factor for human cooperative breeding. Evolutionary Psychology,13,1-23.
  • 大石幸二(2015).わが国における教員の職能発達を支える現職研修の課題.人間関係学研究, 20,29-36.

トップ > 教員/研究施設 > 教員紹介 > 大石 幸二

↑