教員/研究施設

教員紹介

安田 みどり

現代心理学部 心理学科
現代心理学研究科 臨床心理学専攻
特任准教授

安田 みどり

メッセージ

現代社会にはさまざまなコミュニティが存在し、そこに生活する人とコミュニティとは相互に影響し合っています。コミュニティ心理学では、人々がよりよく生きるためのコミュニティの役割やあり方を、心理学の視点から考えます。コミュニティの力を活用して、個人や社会の問題を解決したり予防したりするにはどうしたらよいのか、人々が自分たちの力でコミュニティを良くするために、心理専門職はどのような援助ができるのか、一緒に考えていきたいと思います。

専門分野

臨床心理学、コミュニティ心理学

主要な研究テーマ

コミュニティ心理学におけるコンサルテーションおよび多職種協働に関する研究を行っている。学校領域や医療領域を対象に、対人援助職への支援としてのコンサルテーションの活用や、異なる職種が共に問題解決に取り組む方法について研究を進めている。

担当科目

コミュニティ心理学、心理学演習 など

経歴

2000年3月 慶應義塾大学文学部人間関係学科人間科学専攻 卒業
2002年3月 東京学芸大学大学院教育学研究科学校教育専攻心理学講座 修了
2008年3月 上智大学大学院総合人間科学研究科心理学専攻博士後期課程 満期退学
2011年3月 博士(心理学)上智大学
2016年4月 立教大学現代心理学部心理学科 特任准教授

主な著作

共著書(分担執筆)
  • 医療に対する援助要請 上野徳美・久田満編 医療現場のコミュニケーション 100-110 2008 あいり出版
論文
  • 心理臨床実践におけるコンサルテーション : 学校領域からの報告 (特集 コンサルテーションの理論と実際 : さまざまなモデルと多様な現場における実践) コミュニティ心理学研究,18(2), 205-213,2015
  • 臨床心理士の専門職アイデンティティ尺度の開発 臨床心理学,14(4),563-567,2014(共著)
  • 看護師における心理専門職への援助要請に対する態度および意図-カウンセリングとコンサルテーションの促進要因の検討- 心理臨床学研究,31(1),107-117,2013(共著)
  • 看護師用援助要請意図尺度の作成 カウンセリング研究,43, 212-219,2010
  • 心理専門職への援助要請に対する態度尺度の作成-信頼性と妥当性の検討- コミュニティ心理学研究, 13(2), 121-132,2010(共著)
  • 大学生におけるカウンセリングに対する態度とその関連要因-性差と自尊心に注目して- コミュニティ心理学研究,12(2),129-140,2009(共著)

トップ > 教員/研究施設 > 教員紹介 > 安田 みどり

↑