2019/10/29 (TUE)

博士課程後期課程のカリキュラム改革について(2020年度以降入学者対象)

OBJECTIVE.

博士課程後期課程のカリキュラム改革について(2020年度以降入学者対象)

立教大学大学院現代心理学研究科では博士課程後期課程のカリキュラム改革を実施し、2020年度以降入学者を対象として
授業科目履修・単位取得を伴うコースワークとリサーチワーク(研究指導)を適切に組み合わせた教育を展開します。
なお、各専攻におけるコースワークの概要は以下のとおりです。

【心理学専攻(博士課程後期課程)】
・選択科目7科目(「知覚心理学特殊研究」「認知心理学特殊研究」「社会心理学特殊研究」「産業・組織心理学特殊研究」
「認知・言語心理学特殊研究」「発達心理学特殊研究」「現代心理学特殊演習」)を設置
・修了要件単位数として6単位を設定(各科目とも半期2単位/重複履修も可能)

【臨床心理学専攻(博士課程後期課程)】
・必修科目1科目(「臨床心理学研究法」)を設置
・修了要件単位数として6単位を設定(半期2単位/重複履修により6単位を修得)

【映像身体学専攻(博士課程後期課程)】
・選択科目16科目(「映像身体学原論」「映像身体学特殊研究1~7」「映像身体学研究法」「映像身体学特殊演習1~7」)を設置
・修了要件単位数として6単位を設定(各科目とも半期2単位/重複履修も可能)

【本件に関するお問合せ先】
立教大学教務部学部事務5課・現代心理学研究科担当
TEL:048-471-6762 / 7149

ニュース一覧から探す